カルロス・テベス選手の名言

2013年3月11日

Pocket

みなさん

こんにちは。田中です。

 

本日もまたサッカー選手の素晴らしいエピソードを紹介します。

今回は知る人ぞ知る、カルロス・テベス選手(アルゼンチン代表選手)です。

 

テベス選手のエピソードは2つあります。

 

<テベス選手が首と胸にある大きなキズ跡を消さない理由>

彼は首と胸に大きなキズがあります。彼は10億とも言われている給料をもらっていのに、なぜ、このキズ跡を消さないのか。

まず、このキズは子供の時に熱湯を被ったことによる火傷の跡である。

彼は、スラム出身で幼少時代はかなり貧しい生活を送っていた。

しかし、そのことに誇りに思い、自分自身がスラム街出身であることを忘れたり恥じたりしない証しとして、手術しないと決めている。

 

<テベス選手が絶対に子供たちのサインに応じる理由>

彼が少年だった頃、当時ボカに居たリケルメ(アルゼンチン代表選手)からサインを貰った。

スラム出身の自分にも分け隔てなくサインしてくれた事に大感激した。

リケルメのサインがプロ選手への夢を膨らませ、必ずサッカー選手になるという強い支えになったということもあり、彼はサインには必ず応じるようにしている。

 

どちらも、スラム出身の彼ならではエピソードですね。

特にこのエピソードについて思うことは、人(特に子供たち)に自分がどのような影響を与えているのかいけるのかをもっと意識しないといけないし、

行動には責任を持つ必要があると改めて思います。

 

画像出典:(sportsnews.blog.ocn.ne.jp)3月8日アクセス

Leave a Comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)